トレチノインの効果や副作用

トレチノインはビタミンA(レチノール)誘導体で、オールトランスレチノイン酸とも呼称されています。生理活性は非常に高く、ビタミンAのおよそ50倍~100倍あると言われています。ニキビ治療やアンチエイジングに対して用いられる外用薬になり、米国等では古くから使用されている薬になります。

トレチノインを塗ることで皮脂腺の働きを抑制し、過剰な皮膚の分泌を抑え角質を剥がし肌細胞の生まれ変わりを促します。
ニキビ治療に対して高い効果を発揮するトレチノインですが、シワやシミの改善効果もあると言われています。
真皮内でコラーゲンの分泌を促進させる働きがあり、長期間使用していくことで、肌の小ジワを改善し、肌にハリが出てくるといった効果が期待できます。
さらに、表皮のケラチノサイト(角化細胞)を増やし、厚みを持たせることによって、表皮内部のヒアルロン酸の分泌を促進することで、皮膚にハリや潤いが出たりする効果が見込めます。
通常、皮膚のターンオーバーは4週間ほど掛かると言われていますが、トレチノインにはターンオーバーを促進する効果があるので、2週間ほどで表皮を置き換えてくれるようになります。表皮が生まれ変わる期間が短くなるということは、シミの原因であるメラニン色素が沈着する前に排出してくれるので、結果的にシミが薄くなります。

トレチノインの副作用について

トレチノインを使用してから、1日から3日程度、遅くても1週間程度経過すると、塗布した箇所が赤くなったり、ぽろぽろと皮膚が剥がれてきたり、ヒリついたりすることがあります。中でも目尻周辺や口角周辺は特に出やすい傾向にあります。
元々、トレチノイン自体が体内の血液中に微量に存在しているため、抗原反応やアレルギー反応が起こる可能性は非常に少ないと言われています。

このような症状が発現するのは、トレチノインが古くなった細胞を生まれ変わらせようとするために起きているので、副作用が出ているといったわけではありません。
ほとんどの場合は日が経つにつれて症状は発現しなくなりますが、一向に症状が治まらない、どんどん症状が酷くなるといった場合は医師の診断を受けるようにしましょう。

トレチノインをニキビ治療やアンチエイジングで使用する以外のケースでトレチノインの内服薬が使われることがありますが、胎児の奇形を引き起こす副作用があります。外用薬でこのような副作用は出ないと考えられていますが、念のため妊娠中の方や妊娠予定がある方は使用を控えるようにしましょう。トレチノイン使用中は避妊を行うようにしてください。