トレチノインジェルの効果や成分

トレチノインジェルの効果について

トレチノインジェルは皮膚のターンオーバー(表皮は元々最も深い層で誕生してから、少しずつ押し出され、角質に変わり、ついにはアカとなって皮膚から剥がれ落ちます。この一連の流れをターンオーバーと言います。)の促進効果があるニキビ、シミに対して効果を発揮する皮膚の若返り外用薬になります。
具体的には以下の効果が期待できると言われています。

ピーリング効果、ターンオーバー促進効果

古くなった角質を剥がし、肌の表皮細胞の再生を促進させます。表皮細胞が再生することにより、古くなった細胞と共に肌内部のシミも一緒に外に出されるので、シミ改善効果が見込めます。4週間程度必要とされているターンオーバーの期間ですが、およそ2週間での生まれ変わりを実現させます。

ヒアルロン酸やコラーゲンの分泌作用促進効果

ヒアルロン酸やコラーゲンの分泌を促進させる効果があります。これらの肌の天然保湿成分が増加することにより、ニキビやシワの改善効果も期待できます。また、傷跡や火傷跡や虫刺され跡等の症状に対しても有効だと言われています。

皮脂分泌抑制効果

皮膚の皮脂腺に作用し、皮脂腺の機能を下げニキビの原因である毛穴にフタをしている角質を取り除くことで、オイリー肌を解消しニキビができやすい肌質から脱却することができます。

トレチノインジェルを使い始めてから、早い方ですとおよそ1ヶ月程度で効果を感じることができます。ただし、シミ(肝斑)治療は2ヶ月以上、小ジワ治療は6ヶ月以上の月日を要すると言われています。

トレチノインジェルの成分について

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)はビタミンA誘導体のひとつで、ビタミンAのおよそ50倍から100倍の生理活性があると言われています。レチノイン酸は微量ですが、元から人間の血液内にある物質であるためアレルギー反応や抗原反応を起こす心配がありません。
トレチノインジェルを使い始めて早いと3日程度、遅くても7日程度経過すると皮膚が赤みを帯びたり、ヒリヒリ感があったり、皮膚がポロポロと剥けるといった症状が出ますが、これは副作用といったわけではなく、薬が効いている証拠になります。目尻や口角といった場所は塗っていない場合でもこのような症状がでることがあります。
ただし、効いている証拠といっても上記の症状がひどくなっていくなら使用を中止し、医師や薬剤師の診断を仰ぐようにしてください。
使用して2週間以上経過しているにも関わらず、反応を感じられないとしたらトレチノインが効かない体質の可能性が高いので、使用を中止するようにしてください。