パキシルの効果や副作用

パキシルの効果について

パキシルはパロキセチン塩酸塩を主成分としたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される薬で、うつ病や不安障害、パニック障害、強迫性障害等々多くのこころの疾患に用いられています。また、生理前の不安定な気分(月経前緊張症(PMS)や月経前気分不快症(PMDD))解消効果も期待できる薬になっています。

脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンが不足してしまうと、うつ症状、不眠症状、ストレス症状等々が現れてくると言われています。パキシルにはセロトニンを増やす作用があり、セロトニン神経系伝達を持続的に改善する効果があります。また、セロトニンの濃度が上がることで、意欲を高める効果も発揮します。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は抗うつ剤の中でも一番処方されることが多い薬であり、過剰に投与した場合においても死に至ることは少なく、不安障害も抑えてくれる特徴があります。

パキシルは気分の上下が激しい方や年齢が若い方は服用に際し注意する必要があります。というのも、意欲を高める効果が強く出ることがあるので、いわゆる「ハイ」の状態になり衝動性を上昇させてしまうことがあるからです。

パキシルの副作用について

パキシルの副作用として、セロトニンを刺激することで引き起こされる嘔吐や下痢といった胃腸トラブルや性機能トラブル等があります。

セロトニンは脳だけではなく胃腸にも関係していることから、胃腸トラブルが出やすいですが、ほとんどの場合は飲み始めに症状が現れ、徐々に収まっていくことが多いです。胃腸トラブルを避けるためには薬の量を徐々に増やす、2回に分けて服用するといった方法が有効です。

胃腸トラブルに次いで多い副作用として、勃起不全、性欲低下、射精障害といった性機能トラブルあります。パキシル服用後に性機能トラブルが出た場合は、薬の量を減らしたり、勃起不全の場合はED治療薬を服用するのが有効です。

また、薬の量を減らしていく段階で離脱症状(精神症状としてソワソワやイライラ感等、身体症状として頭痛やめまいや耳鳴り等)が出ることがあるので注意を払う必要があります。
抗うつ剤の中でもパキシルは高い頻度で用いられる薬であり、そのため体自体が薬に慣れてしまうことで、急に薬の量を減らすとこころや体に不調が現れてしまうことがあります。
離脱症状は2週間程度で収まることが多いですが、長期間続いてしまうケースもあります。
離脱症状を防止するためには急に薬の量を減らすのではなく徐々に減らしていくのが重要となります。