ミノキシジルの効果や副作用

ミノキシジルの効果について

ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)の治療に効果があるとして、日本国内で認可されているお薬で、皮膚に直接塗布する外用薬です。
アメリカのファイザー株式会社(当時はファルマシア・アップジョン社)が1960年に開発した薬ですが、当初は高血圧の患者に向けた血圧降下剤として作られました。
しかし臨床試験で多毛症の副作用が報告されたのを受け、薄毛治療薬に転用される事になったのです。
ミノキシジルは、毛細血管を広げて血液の流れをスムーズにする事で、毛根や収縮した血管の再生を促し、毛髪を造る毛乳頭細胞や毛母細胞に多くの栄養素や酸素を行き渡らせます。
また、育毛や発毛を促す「インスリン様成長因子1(IGF-1)」や「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」の産出を促し、毛母細胞の分裂を促進する作用もあるとされています。
さらに毛母細胞の死滅を抑制し、毛髪が成長期から退行期へ移行するのを抑え、脱毛を予防して発毛を促進する効果もあります。
これらの作用によって、ミノキシジルはAGAを改善する効果が期待出来るのです。

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルは皮膚に直接塗布して使用するお薬で、ミノキシジル濃度2%~5%のものが主流ですが、専門クリニックの医師の処方があれば5%を超える濃度のものも使用出来ます。
含有量が多ければそれだけ大きく改善も期待出来ますが、その分副作用のリスクも高まりますので、自己判断での使用は避け、必ず医師の診断を受けるようにして下さい。
副作用として報告されているのは、次のような症状です。

  • 頭皮の発疹・発赤
  • 頭皮のかぶれ、フケ、使用部位の熱感等
  • 頭痛
  • めまい
  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 血圧低下
  • 体重増加
  • 手足のむくみ

これらの症状が現れた場合には、主治医に相談するようにして下さい。
使用量の調整やお薬の中断が必要となるケースもありますが、独断では中止せず必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。

ミノキシジルの使い方について

ミノキシジルは1日2回、1回当たり1mlを目安に使用します。
頭皮に残る成分量を一定に保つため、できるだけ8時間以上空ける事が推奨されており、朝と晩に使用するのが一般的です。
塗布する際は、頭皮全体ではなく薄毛が気になる部位のみに塗るようにします。
規定量のミノキシジルを手のひらや指先に取り、塗りムラがないように塗って下さい。
手のひらで頭皮をマッサージする要領で塗り込む事で、頭皮が温まり血行促進が期待出来ます。