レボクインの効果や服用方法(飲み方)

レボクインの効果について

レボクインは有効成分としてレボフロキサシンを含んだクラミジア等の治療薬として有名なクラビットのジェネリック医薬品で、広範囲の感染症に対して効果を発揮する抗生物質になります。

  • クラミジア、淋病等の性感染症
  • アクネ菌が原因のニキビ治療
  • 肺炎、気管支炎、咽頭炎等の呼吸器感染症
  • 表在性、深在性皮膚感染症
  • 膀胱炎、尿道炎等の尿路感染症
  • 子宮頚管炎等の婦人科領域感染症
  • 外耳炎、中耳炎等の耳鼻科領域感染症
  • 歯周組織炎等の歯科領域感染症
  • マイコプラズマ肺炎等

上記のように多く治療で用いられている抗生物質になっています。
ニューキノロン系抗菌剤クラビットのジェネリック医薬品であるレボクインは、細菌がDNA複製しようとするのを妨害し増殖を抑制して殺菌する働きがあります。病巣の細胞内移行性が非常に高く、広範囲の抗菌スペクトルがあるため数多くの菌に対して有効性があると言われています。別の抗生物質で効果がない場合においても用いられることもしばしばあります。
抗菌力が強力であるため、短期間で治療できる特徴があります。

レボクインの服用方法(飲み方)について

通常成人で1日1回500mg(レボフロキサシン)を服用します。
高い血中濃度が続くおそれがあるので、腎機能が弱まっている方や高齢者は服用量を減らした方がいい場合もあるので注意する必要があります。
症状が良くなったと思い、自己判断で服用をやめるようなことは絶対にしないようにしてください。菌が完全に無くなっていない場合は感染症の症状が再び現れてくるケースがあり、再発の原因となります。また、薬効が薄れる耐性菌が出てくるケースもあるため自己判断で服用をやめたりせずに、症状が全く無くなった後も3日程度は服用を継続するようにしてください。医師から処方された量を飲み切るようにしてください。

レボクインの副作用について

レボクインは別の抗生物質と比較して副作用は少なく、ペニシリン、セフェム系の抗生物質に対しアレルギー反応を起こす人であっても服用できる特徴があります。
副作用は少ないと言われていますが、じんましん、発疹、下痢、軟便、頭痛、吐き気等があります。
重篤な副作用として、アキレス腱炎等の腱の障害やけいれんがあります。発現はめずらしいですが、これまでにけいれんした経験がある方や高齢の方、腎機能が弱まっている方は注意したほうがいいでしょう。