ゼニカルの効果や成分

ゼニカルの効果について

ゼニカルは肥満でお悩みの方の体重をコントロールするために開発された、新しい肥満治療薬です。
元々は高血圧や糖尿病など生活習慣病の治療薬として開発されたお薬でしたが、それらの病気ではない人にも痩せる効果が見られたため、肥満治療にも使われるようになりました。
人が食事から摂取する栄養素の中で、でんぷん・タンパク質・脂肪は三大栄養素と呼ばれ、身体を作る成分やエネルギー源として使われます。
そのうち、でんぷんは唾液・胃液・膵液で分解、タンパク質は胃液・膵液で分解され、どちらも主に小腸で吸収されます。
そして脂肪は肝臓から分泌されるリパーゼという酵素で分解されてから、腸で吸収されます。
リパーゼが脂肪を細かく分解する事で、身体に吸収されやすくしているという事です。
ゼニカルは、このリパーゼの働きを阻害するお薬です。
つまり、リパーゼを働かなくさせて脂肪を分解させない事で、腸から吸収させないようにするのです。
それによって、摂取した脂肪は腸をそのまま通過して排泄されます。
どの程度の脂肪分をそのまま排出させるかというと、およそ30%と言われています。
ですから食前にゼニカルを服用する事によって、大幅に摂取カロリーを減らす事ができ、その結果肥満が解消されるという効果が期待出来ます。
ただし、脂肪分の少ない食事の時に服用してしまうと、身体に必要な脂肪分までも吸収出来なくなってしまうため、その点は注意が必要です。

ゼニカルの成分について

ゼニカルの有効成分は「オルリスタット」です。
オルリスタットは脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを阻害し、食事に含まれる脂肪分が体内に吸収されるのを抑制します。
ただしオルリスタットは、脂肪だけでなく脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、K、βカロテンの吸収も阻害するため、それらの成分を多く含んだ食事を心掛けるだけでなく、必要であればサプリメントなどで補う必要があります。
尚、サプリメントを摂る場合には、ゼニカル服用後2時間以上は空けるようにして下さい。

ゼニカルの副作用について

ゼニカルを服用すると、便意を催しやすくなる、ガスが出やすくなる、軟便になりやすいなどの報告があります。
また便とともに油が排出される事に驚かれる方もいるようです。
ただし、正しく服用すれば重大な副作用はほとんどないお薬です。
すぐに効果が現れるお薬ではありませんが、主治医などと相談の上で適切にご使用下さい。