エフペシアの効果や服用方法(飲み方)

エフペシアの効果について

エフペシアはAGA治療薬で有名なプロペシアのジェネリック医薬品になります。
エフペシアはプロペシアと同様に発毛効果が認められている成分のひとつであるフィナステリドを含有しています。
5α-リダクターゼと呼称されている変換酵素がテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)に変えてしまうことがAGAの原因だと言われていますが、フィナステリドには5α-リダクターゼの働きを抑制する作用があり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えてくれるので、AGAの症状を改善してくれます。
5α-リダクターゼは2種類あり、1型と2型がありますがフィナステリドは2型の5α-リダクターゼに対して作用する特徴があり、この2型の5α-リダクターゼは前頭部や頭頂部に広く散らばっているので、フィナステリドを服用することで、M字、O字ハゲといった男性特有の薄毛に対して効果があると言われています。

エフペシア(フィナステリド)には即効性はありません。
AGAの症状がどれくらい進んでいるのかにもよりますが、効果が現れるまで平均すると半年から1年程度かかると言われています。
ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」に分かれていますが、AGAは成長期が短くなり、休止期が長くなるヘアサイクルの乱れが原因のひとつだと言われています。このヘアサイクルの乱れを修正し最初から髪の毛を生やし始めなければいけないことから、実感できるまでの期間はある程度必要になってしまいます。
作用には個人差があり、3ヶ月程度で実感できる人もいれば、服用して3年経過して実際に髪の毛が増えた感じる人もいます。
長期間服用することで、発毛効果により毛量が増えたといった症例も数多くあるので、焦らずにじっくりと治療していく必要があります。
薄毛に対して効果があるフィナステリドですが、あくまでもAGAの場合のみになります。円形脱毛症、抗がん剤による脱毛、女性脱毛症等に対しての効果は見込めません。

エフペシアの服用方法(飲み方)について

通常男性の場合、エフペシア1mgを1日1回1錠服用します。
食事の影響はないので、基本的にはいつ服用しても問題はありませんが、毎日ほぼ同じ時間帯に忘れずに飲み続けるようにしましょう。
平均すると効果を実感できるまでの期間は半年から1年程度になります。3年間の継続服用で効果を実感できたという方もいます。
AGA改善効果は服用中に限定され、服用を中止すると徐々に服用する前の状態に戻っていきます。
フィナステリドにはヘアサイクルの乱れを修正しようとする働きがあるので、服用し始めから3ヶ月程度は一時的に抜け毛が増える現象が起こることがありますが、この初期脱毛は徐々に収束していきます。
AGA治療薬のひとつであるミノキシジルを成分としたリアップ等の外用薬と併用して服用しても問題はありません。