ヒトプラセンタの効果や副作用

ヒトプラセンタの効果について

ヒトプラセンタには胎児の成長に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養素が含まれており、人間の身体に対していろいろな効果が期待できるとされています。

まず女性にとって嬉しい効果としては、美肌効果です。
ヒトプラセンタはメラニンの生成を抑える働きがあるといわれており、そのことからシミを予防する効果が期待できるといわれています。

さらにプラセンタには肌に潤いを与えて皮膚を柔らかくしてくれる遊離アミノさんという成分が豊富に含まれているため、肌の保湿効果も期待できます。

さらには活性酸素を無毒化し、活性酸素によって傷ついた細胞を修復する抗酸化作用、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートする効果も期待できるので、ハリや弾力の維持効果もあるのです。

そしてヒトプラセンタというと美肌効果ばかりに目がいきがちですが、実はそれ以外にも健康への効果も期待できます。
実際にヒトプラセンタは更年期障害や肝臓の機能改善について厚生労働省でもその効果が認められているのです。

ヒトプラセンタの効果については、個人差や病気の症状によっても異なりますが、アレルギー疾患、肝臓病や肝硬変などの肝機能の改善、糖尿病、高血圧、痛風、心臓病などいろいろな病気の改善効果も期待できるとされています。

ヒトプラセンタは女性におすすめと思われがちですが、実は薄毛、ED、前立腺肥大症など男性特有の症状の改善にも効果が期待できるので、男性にもおすすめです。

副作用について

ヒトプラセンタはヒトの胎盤から抽出したエキスを使用しているため、豚や馬、羊などの動物性プラセンタよりも安全性が高いといわれています。
とはいっても、ヒトプラセンタ注射となると注射部位の疼痛やかゆみ、硬結など注射そのものによる副作用もありますし、ごくまれにではありますがヒト組織由来のタンパク・アミノ酸などを含有する製剤のためショックを起こすことも考えられます。

ただヒトプラセンタジェルは体内に注入するのではなく、あくまで外用薬として皮膚に塗布するものですから、こういった副作用の危険性はほとんどありません。
それでもヒトプラセンタジェルは副作用が全く起こらないというわけではありません。

ヒトプラセンタジェルの副作用としては、塗布した部分に赤みやかゆみ、腫れといった症状の報告があります。またプラセンタによるアレルギー反応またはヒトプラセンタジェルに含まれているその他の成分や添加物にアレルギー反応を起こしてしまい、稀に発疹が出る可能性もあるでしょう。

これはヒトプラセンタジェル特有の副作用というわけではなく、どのような外用薬にでも起こりうる副作用といえます。そのためヒトプラセンタジェルには副作用があるからと言って、使用しないというのも早計です。
むしろ稀に起こるかもしれない副作用を恐れて、肌トラブルを放置しているほうがリスクは大きいかもしれません。

もし不安な方は、ヒトプラセンタジェルを使用する前にパッチテストを行ってから使用すると安心です。