ジェイゾロフトの効果や副作用

ジェイゾロフトの効果について

ファイザー社が開発し製造販売しているジェイゾロフトは抗うつ剤のひとつで、選択式セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれる種類のお薬です。
セロトンニンは気分に関わる神経伝達物質です。
このお薬はセロトニンを増やす作用が優れている事から、うつ病や不安障害(パニック障害、社会不安障害など)の治療に用いられます。
また、強迫性障害や双極性障害にも使われる事があります。
第3世代の抗うつ薬とされるお薬で、セロトニン再取り込み阻害作用は、同じ種類の他のお薬より強力です。
血中濃度半減期が23時間~24時間程度と長いため、1日1回の服用でよいという利点があります。

ジェイゾロフトの効果としては、抗うつ作用と抗不安作用の2つが挙げられます。
ジェイゾロフトに含まれる有効成分はセルトラリンです。
この成分によって脳神経間のセロトニンが増える事で、不安や緊張した気持ちをほぐし精神状態が安定し、落ち込みや不安を改善する効果が期待できます。

ジェイゾロフトの副作用について

ジェイゾロフトの副作用としては、次のような症状が報告されています。

  • 悪心
  • 傾眠
  • 口内乾燥
  • 頭痛
  • 下痢
  • めまい

これらの症状以外にも、不眠などの睡眠障害や錯乱状態、記憶障害、注意力障害、攻撃的障害が起こる可能性もあります。
ジェイゾロフト服用後に、これらの気になる症状が現れた場合には、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

ジェイゾロフトの使用方法について

通常成人の場合、1日1回25mgから始めます。
1日の最大量は100mgですが、様子を見ながら注意深く25mgずつ増やしていくようにしてください。
また、1日2回飲むのは避けてください。

症状が改善されたと思っても、自己判断で薬を飲むのをやめてしまうと、再び症状が悪化したり不安やめまい、頭痛吐き気などの離脱症状が出たりしてしまう事がありますので、必ず医師の指示に従って少しずつ減らしていってください。
同じ理由で、薬の飲み忘れにも十分注意する必要があります。

ジェイゾロフトの注意点について

比較的安全性が高いお薬であるとされていますが、妊娠中や妊娠の可能性がある方は、医師が必要と認めた場合のみ使用されます。
また母乳に移行するため、授乳中の方は粉ミルクなどを活用するようにしてください。

眠気やめまいなどの副作用が出る可能性があるので、ジェイゾロフト服用中は車の運転や危険を伴う機械の操作に十分気を付ける必要があります。
また、アルコールを摂取すると副作用が強く出てしまうので、飲酒は控えましょう。