ザイザルの効果や成分

ザイザルの効果について

ザイザルはグラクソ・スミスクライン株式会社が製造販売する抗ヒスタミン薬です。
ヒスタミンH1受容体拮抗作用により、アレルギーによって引き起こされる症状を改善する効果が期待できます。
通常、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症など、ヒスタミンが原因で起こるアレルギー症状に使われます。
比較的即効性があり、薬の効果の持続時間も長いお薬です。
ただし、あくまでも症状を抑えるためのお薬であり、アレルギーの治療はできません。
花粉症に使用する場合には、花粉が飛び始める前から服用する事で十分な効果が期待できます。

ザイザルの成分について

ザイザルの主成分はレボセチリジン塩酸塩です。
抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代がありますが、ザイザルはこのうち比較的新し第二世代のお薬です。
第二世代の特徴は、第一世代と比べてヒスタミン受容体に対する選択制が高い事と、抗コリン作用など不必要な作用が少なくなっている事です。
また、眠気の副作用も軽減されています。

ザイザルの使用方法について

成人の場合は、1回5mgを寝る前に服用します。
年齢や症状によって適宜増減しますが、1日10mgを超えないようにしてください。
7歳以上15歳未満の小児の場合は、1回2.5mgを1日2回朝食事寝る前に服用します。

飲み忘れに気が付いた時はできるだけ早く飲むようにしますが、次の服用時間が近い場合には1回抜かして、次回1回分を服用してください。
決して2回分をまとめて飲むことはしないでください。

ザイザルの副作用・注意点について

ザイザルは副作用が少ないお薬ですが、人によっては翌朝倦怠感や眠気が残っている事があります。
また、頭痛、頭重感、口の渇き、吐き気、食欲不振などが起こる可能性もあります。
あまり症状が強くて辛い場合には、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

眠気が出たり、集中力や注意力が低下する恐れがあるので、服用中は自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高い所での作業などは避けてください。

服用期間が長くなる場合には、念のため定期的に肝機能検査を受けましょう。
万一ひどい倦怠感や吐き気黄疸などの症状が現れた時には、速やかに医師の診察を受けてください。

睡眠薬や精神安定剤などと併用すると、眠気やふらつきなどの副作用が強く出る恐れがありますので、ザイザル服用前に医師に伝えるようにしてください。
またアルコールも眠気の副作用が出やすくなるため、できるだけ飲酒は控えてください。