ロニタブ5mgの服用方法や副作用について

ロニタブ5mgは、男性型脱毛症=AGAの治療、また薄毛治療、発毛促進に適しているミノキシジルと言う成分を含有している医薬品になります。

この主成分ミノキシジルは、もともと高血圧の患者が血管拡張剤として使用するお薬でしたが、使った患者より増毛発毛効果があったと言う報告が続いたため研究したところ、頭皮の血行を良くして育毛発毛の効果が期待できることがわかり、育毛剤としても製造販売されるようになりました。

発売以降、世界中で多くのAGA患者様の治療に用いられるようになっています。
ロニタブ5mgは、このミノキシジルを主成分としたお薬ですので高い効果を期待できます。

服用方法・副作用

AGAの原因は、生活習慣や日々のストレス、それに遺伝的な作用や頭皮の血行不良、更には男性ホルモンの作用など様々です。

年齢を重ねることで薄毛になる「老人性脱毛」とは違い、AGAは適切な治療を行うことで、進行を食い止め症状も改善されることが期待できますので、ぜひ早期に治療に入られることをお勧めいたします。

使用方法は1日1錠を水で服用します。継続して服用することで発毛効果が期待できますが、なかなか効果が現れないからと自己判断で量を増やすことは副作用などの観点から危険ですのでおやめください。

正しく服用していても副作用が出ることは考えられます。報告されている副作用としては、吐き気、めまい、かゆみ、疲労感、息切れなどです。
多くは一時的で、通常2~3時間ほどで解消するようですが、もしも続くようなら服用を中止し医療機関を受診してください。