クリマラの効果や副作用

クリマラの効果について

クリマラはBayer(バイエル)社が製造販売している、皮膚に貼付するタイプの女性ホルモン外用剤です。
クリマラを皮膚に貼る事で、女性ホルモンであるエストラジオールを肌から補います。
それによって、女性ホルモンの低下によって生じる顔のほてりやのぼせ、過剰な発汗などの原因となる血管運動神経症状を改善したり、骨吸収を抑制し骨密度を改善する効果が期待できるため、主に次のような症状に使用されます。

  • 更年期障害
  • 発汗・ほてりなどの卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状
  • 性腺機能低下症
  • 泌尿生殖器の萎縮症状
  • 閉経後の骨粗鬆症の治療
  • 性腺摘出もしくは原発性卵巣不全による低エストロゲン症

皮膚からの直接成分が吸収されるので早く作用が発揮される上、肝臓や腎臓を介さないため副作用も少ない安全なお薬となっています。

クリマラの副作用について

クリマラ使用時の副作用としては、次のような症状が報告されています。

  • 胃腸障害
  • 性器出血
  • 乳房痛
  • 紅斑・かゆみ
  • 皮膚水疱
  • 血栓症
  • 接触皮膚炎

ほとんどはホルモンバランスの変化による一時的なものですので、軽度であればあまり心配する必要はありません。
しかし普段とは違う異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するようにしてください。
特に足の痛み・むくみ、胸が痛む、息が切れる、急に呼吸が苦しくなる、めまい、頭痛、吐き気、ろれつが回らない、物が二重に見えるなどの症状が現れた場合には血栓症の可能性があるため、速やかに病院を受診してください。

クリマラの使用方法について

1週間に1回、下腹部や臀部に1枚貼ります。
事前に貼付部分を清潔にし、水分をよく拭き取ってください。
入浴や運動時もそのままで問題はありませんが、はがれる可能性があるので注意しましょう。
もしはがれてしまったら、破棄して新しいパッチを貼ってください。
新たなパッチを貼る時は、肌荒れ予防のため前回とは違う部位に貼るようにしましょう。
傷や炎症がある場所には貼らないでください。
またベルトがあたる場所は、はがれやすくなるので避けましょう。
1度に2枚貼るなど、過剰に使うと重篤な副作用が起こる可能性もあるため、指示通りに使用してください。
尚、乳がんや子宮がんなどのエストロゲン依存性腫瘍既往歴のある方や、妊娠中授乳中の方、重い肝障害のある方、未治療の子宮内膜症や未診断の不正出血のある方、そして肺塞栓や脳卒中などの血栓性疾患及びその既往歴がある方は、クリマラを使用できませんのでご注意ください。