クラリスの効果や服用方法(飲み方)

クラリスの効果について

クラリスはマクロライド系の抗生物質で、クラミジアなど性感染症治療の他、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの原因のヘリコバクターピロリ菌の除去や、呼吸器系の感染症の治療などにも用いられるお薬です。
細菌などの蛋白合成を阻害して増殖を抑える事で、抗菌作用を示します。

従来のエリスロマイシンを改良した新しいタイプの抗生物質で、胃酸による影響をほとんど受けずに体内に吸収されるため、高い血中濃度を保ち半減期も延長されます。
一般的な抗生物質で効果が出ない菌に対しても効くという特徴もあります。

クラリスが有効な菌には、下記のようなものがあります。

  • 本剤に感性のブドウ球菌属
  • レンサ球菌属
  • 肺炎球菌
  • モラクセラ(ブランハメラ)
  • カタラーリス
  • インフルエンザ菌
  • レジオネラ属
  • カンピロバクター属
  • ペプトストレプトコッカス属
  • クラミジア属
  • マイコプラズマ属

このように様々な細菌に有効なため、呼吸器や耳鼻科などでも広く使われています。
のどの痛みや発熱などの一般的な風邪にも処方される事もあります。
本来、インフルエンザやウィルス性の風邪には効果はありませんが、細菌による二次感染の予防や治療のために使われます。

クラリスの服用方法(飲み方)について

クラリスは症状によって服用方法が異なります。

一般感染症の場合

通常、成人は1回1錠で1日2回服用します。

非結核性抗酸菌症の場合

通常、成人は1回2錠で1日2回服用します。

いずれの場合も年齢や症状によって、適宜増減します。
飲み忘れに気が付いた時は、できるだけ早く飲むようにしてください。
ただし、次の服用時間が近い場合には、1回飛ばして予定時間に1回分を飲んでください。
決して2回分をまとめて飲むことはしないでください。
症状が改善されたと思っても、自分の判断で服用を中止してしまうと再発する可能性があるので、必ず指示通りに服用を続けましょう。

クラリスの副作用について

クラリスの副作用には次のような症状があります。

  • 発疹
  • 吐き気・嘔吐
  • 胃部不快感
  • 腹部膨満感
  • 腹痛
  • 下痢
  • 肝機能異常

服用後にこのような症状に気づいたら、医師や薬剤師に相談するようにしてください。
またこれ以外にもいつもとは違う身体の異変があった時には、一時服用を中止して医師の診察を受けてください。

過去に薬でアレルギー症状が出たことのある方や、妊娠中授乳中の方、また他にお薬やサプリメントなどを飲んでいる方は、服用する前に医師や薬剤師に相談してください。