アンドロクールの効果や副作用

アンドロクールの効果について

「アンドロクール」は男性ホルモンを抑制する抗ホルモン剤です。
成人男性における重度の性欲亢進や性的逸脱行動のコントロール、前立腺がんの治療や、女性のニキビ、多毛、男性型脱毛症などの治療、また思春期早発症の治療に用いられます。
アンドロゲン受容体拮抗薬であり、有効成分として酢酸シプロテロンを含有しています。

アンドロゲンはテストステロンや男性ホルモンとも呼ばれ、男性の第二次性徴に関わる大切なホルモンです。
筋肉の強化やたくましい体つきの維持、骨格の形成、男性器の発達、男性的特徴の維持に必要なホルモンである一方、過剰に働き過ぎると重度の性欲亢進、前立腺がん、多毛症、脱毛症、にきびなどが現れてしまう事もあります。
アンドロクールはこれらを緩和する効果が期待できるお薬です。

また、女性化促進作用も期待できるため、女性になりたいという男性が使用する事もあります。

アンドロクールの副作用について

アンドロクールの副作用には次のような症状があります。

  • 悪心
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 発疹
  • 疲労感
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 眠気
  • 抑うつ
  • 抑うつ
  • 女性化乳房
  • 乳房緊満感・乳房痛
  • 排尿困難
  • ほてり
  • 生殖能抑制
  • 副腎皮質機能低下

服用後にいつもとは違う身体の異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

アンドロクールの服用方法について

通常、1日2回朝食と夕食の後に1錠(酢酸シプロテロンとして50mg)を水またはぬるま湯で服用します。
期待する効果が出始めたら、少しずつ服用量を減らしてください。
前立腺がんの治療に用いる場合には、1日の最大量を6錠として、医師の指示に従って服用してください。

アンドロクールの注意点について

女性化の作用が認められているため、十分注意しながら使用してください。
また、めまいやふらつきが起こる事があるので、服用中は自動車の運転や危険を伴う機械の操作などは避けてください。
持病のある方や高齢の方、また妊娠中や妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、服用前に必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。

また次に該当する方は服用しないでください。

  • このお薬に対して過敏症の既往歴のある方
  • 肝疾患(デュビンジョンソン症候群およびローター症候群を含む)のある方
  • 悪性腫瘍(前立腺がんを除く)のある方
  • 肝腫瘍またはその既往歴のある方
  • 髄膜腫またはその既往歴のある方
  • 消耗性疾患の方
  • 血栓症および塞栓症またはその既往歴のある方
  • 血管病変を伴う重度の糖尿病の方
  • 鎌状赤血球貧血症の方
  • 重度のうつ病の方
  • 18歳未満または骨や精巣が未発達の方