ザガーロの効果や成分

ザガーロの効果について

ザカーロは、イギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)が開発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
日本では2016年から発売されています。
ザカーロの有効成分であるデュタステリドが、男性ホルモンのテストステロンがAGAの原因とされるDHT(ジヒドロテステステロン)に変換されるのを阻害する事で、AGAの症状を改善する効果が期待できます。

通常1日1回1カプセルを毎日飲み続けます。
食事には影響されませんが、飲み忘れを防ぐためにも毎日同じタイミングに飲むようにする事をお勧めします。
一般的に6ヶ月継続して服用する事で、治療の効果が現れるとされています。
また効果を実感してからも、引き続き飲み続ける必要があります。
効果が出たからと自己判断で服用をやめると、しばらくすると元の状態に戻ってしまう事になります。

ザガーロの成分について

ザカーロの有効成分であるデュタステリドには、体内酵素5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、そのDHTが毛根にあるホルモン受容体に感知されると、毛周期の中の成長期が短くなってしまい、その結果髪が十分成長しないまま抜け落ちて薄毛の症状が出る事になります。
5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、AGA治療薬として有名な成分であるフィナステリドはⅡ型にのみ作用します。
デュタステリドはその両方を阻害するため、Ⅱ型が多く存在する頭頂部や前頭部だけでなく、その他の部分の薄毛を改善する効果も期待できるのです。

ザガーロの副作用について

ザカーロを服用すると、最初の段階で抜け毛が増える事があります。
これは初期脱毛と呼ばれる症状で、心配はいりません。
むしろザカーロの効果でヘアサイクルが正常化している証拠と言えますので、安心して治療を続けて下さい。
その他、副作用としては射精障害や性欲減退、勃起不全といった性機能不全が1%以上報告されている症状です。
また発疹や頭痛、抑うつ、腹部不快感、乳房の女性化や痛みなどの乳房の症状、肝機能障害、アレルギー反応、むくみやめまいなども1%未満ですが報告されています。
気になる症状が続く場合には、医師や薬剤師に相談するようにして下さい。

ザガーロの注意点について

ザカーロには前立腺検査で測定するPSA値を下げる性質がありますので、前立腺がんの検査を受ける方は、ザカーロを服用しているという事を、検査する医師に伝えるようにして下さい。
またザカーロの成分は皮膚からも吸収されます。
カプセルや錠剤の状態では問題ありませんが、もし中身が漏れたような場合には、女性や子どもが触れる事がないように十分注意して下さい。