ザイザルの効果や服用方法(飲み方)

ザイザルの効果について

ザイザルは第二世代の抗アレルギー剤で、薬剤名はレボセチリジンです。
主にアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、また湿疹や皮膚炎、皮膚搔痒感など皮膚疾患に伴う搔痒に使われます。
人の身体では花粉など抗原の刺激でアレルギー反応が起こると、免疫系の細胞からヒスタミン等が放出されます。
ヒスタミンは神経受容体であるH1受容体と結びつき、その刺激で様々なアレルギー症状が引き起こされます。
ザイザルはH1受容体を遮断し、アレルギー症状が起こるのを抑制する作用があります。
また、アレルギーに関する他の化学伝達物質の遊離も抑制する作用も持っています。

このようなヒスタミンH1受容体を遮断するお薬を、ヒスタミンH1受容体拮抗薬と呼び、これらが第二世代抗アレルギー剤と分類されています。
第二世代抗アレルギー剤の特徴は、第一世代に多い口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどない事に加え、脂溶性が低く脳に入りにくいため、眠気も起こりにくいとされています。
比較的即効性があり、薬の効果の持続時間も長くなっています。

ザイザルの服用方法(飲み方)について

成人は通常1回1錠(主成分として5mg)を、1日1回寝る前に服用します。
症状や年齢によって量は増減されますが、最高量で1日2錠(10g)までとなっています。
子どもの場合、通常7歳~15歳未満では1回2分の1錠(主成分として2.5g)を1日2回朝食の後と寝る前に服用します。
飲み忘れた場合は、気が付いた時になるべく早く飲むようにします。
次に服用する予定の時間が近い場合には、1回分は抜かして次回1回分を飲んで下さい。
2回分を1度に飲むことはしないで下さい。
十分な効果が現れるまでには、人によっては数日かかる事もありますので、自己判断で服用を中断したりせずに、指示通り正しく飲むようにして下さい。
錠剤の他、シロップやOD錠(口腔内崩壊錠)もあるので、小さいお子さんや錠剤を飲みにくい方は、そちらを処方してもらうとよいでしょう。

ザイザルの副作用について

ザイザルを服用した際の副作用には、次のような症状が報告されています。

  • 眠気
  • 頭痛
  • 疲労
  • 倦怠感
  • 口渇
  • 吐き気
  • 浮動性めまい

これらの症状が現れた場合には、医師や薬剤師に相談するようにして下さい。
眠気が起こる事があるので、自動車の運転や、高いところでの作業、また危険を伴う機械の操作などは避けて下さい。
また副作用が出やすくなるので、アルコールはできるだけ控えるようにしましょう。