コスメライトの効果や成分

コスメライトの効果について

コスメライトは、Oaknet Healthcare(オークネット ヘルスケア)社によって製造・販売されているお薬で、有名な美白クリームであるメラケアクリームのジェネリック医薬品です。
コスメライトの使用によって、シミ・そばかす・肝斑・くすみ・ニキビ跡などの色素沈着、しわ・たるみ・ほうれい線などの肌老化、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビといった様々な肌トラブルを改善する効果が期待できます。
特に、美白やアンチエイジング効果に効果が期待できます。

コスメライトの成分について

コスメライトには、有効成分として、ハイドロキノン(Hydroquinone)2%、トレチノイン(Tretinoin)0.025%、モメタゾンフランカルボン酸エステル(Mometasone Furoate)0.1%が配合されています。
それぞれの働きをご説明します。

ハイドロキノン

皮膚の黒い色素の原因となるメラニンの産生を抑える作用があります。
メラニンを産生するメラノサイトという細胞に対しての細胞毒性によって、肌を白くします。
皮膚の漂白剤ともいわれており、海外では古くから使用されている成分です。

トレチノイン

トレチノインはビタミンA誘導体の一種です。
皮膚のターンオーバーを促す作用と、皮表の角化細胞増殖を促す作用があります。
トレチノインを使用しない場合の皮膚の生まれ変わりのサイクルは通常4週間ほどですが、トレチノインを使うと約2週間に短縮されます。
そのため、短期間で皮膚症状が改善する効果が期待できます。

モメタゾンフランカルボン酸エステル

モメタゾンフランカルボン酸エステルは、ステロイド外用薬の成分です。
皮膚の炎症を抑える効果があります。
ステロイド外用薬には強さが5段階ありますが、モメタゾンフランカルボン酸エステルは上から2番目の強さがある成分です。
そのため、デリケートな部分への使用はできませんが、症状を速やかに改善する効果が期待できます。

コスメライトの使用方法について

1日1~2回、肌トラブルが気になる部位を清潔にしてから適量を塗布して下さい。
洗顔しいつものスキンケアを行った最後に使用します。
炎症や傷がある部位や、目の周り、粘膜には使用しないで下さい。
コスメライトを使用している間は乾燥しやすくなるため、保湿ケアを欠かさないようにしましょう。
また、紫外線のダメージを受けやすくなるので、日焼け止めや日傘、帽子などでUV対策をしっかりするようにして下さい。