グルコバイの効果や服用方法(飲み方)

グルコバイの効果について

グルコバイは糖尿病の治療に使われるお薬です。
食後の血糖値上昇を抑える効果があります。
小腸の粘膜に存在するαグルコシターゼという酵素は、砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する働きをしています。
グルコバイの主成分であるアカルボースは、その酵素の働きを阻害して糖質がブドウ糖に分解されて体内に消化吸収させるのを遅らせます。
その結果、ブドウ糖はゆっくり体内に吸収されるため、食後急激に血糖値が上がるのを防ぐ事ができます。
この事から「αグルコシターゼ阻害薬」と呼ばれています。
またアカルボースという成分には、αグルコシターゼだけでなく、膵液や唾液に含まれるαアミラーゼという酵素の活性も抑える作用があります。
これまでの血糖値降下薬とは違う、新しい部類の糖尿病治療薬になります。
また、脂肪が身体につきにくくなるため、ダイエット効果も期待できるお薬です。

グルコバイの服用方法(飲み方)について

通常、成人は1日3回食直前に2錠(主成分として100mg)を服用します。
初めて服用する際には1錠(50mg)からはじめ、様子を見ながら2錠に増量する事もあります。
服用量は、年齢や症状に応じて適宜増減します。
食事中に飲み忘れに気が付いた時は、すぐに1回分を服用して下さい。
食事が終わってから気が付いた場合には、1回分飛ばして次の食事の直前に1回分を服用します。
飲み忘れたからといって、2回分をまとめて飲むことは絶対にしないで下さい。
また、何らかの理由で食事を摂らない時には飲む必要はありません。

グルコバイの副作用について

グルコバイには次のような副作用が報告されています。

低血糖

異常な空腹感、力のぬけた感じ、冷や汗、手足のふるえ、眼のちらつき、頭痛、ぼんやりとする、ふらつく、異常な行動などが現れた時は、低血糖の可能性があります。
その場合、5~10gのブドウ糖を摂取して下さい。
グルコバイ服用中は、車の運転や高いところでの作業、また危険を伴う機械の作業には十分注意する必要があります。

腸閉塞

持続する腹痛、嘔吐等が現れた場合には、服用を中止して医師の診察を受けて下さい。

消化器症状

腹が張る、ガスがたまる、おならが増える、下痢、便秘、腹痛等の症状が出る事があります。
多くの場合次第に慣れていきますが、症状が重い場合やいつまでも続く場合には医師や薬剤師に相談するようにして下さい。

肝機能異常

吐き気、嘔吐、皮膚が黄色くなる、白目が黄色くなる、尿が黄色い、かゆみ、身体がだるい等の症状が出た時は肝機能障害の可能性がありますので、すぐに受診してください。

その他にもグルコバイを服用していつもと体調が違うと感じた時には、医師や薬剤師に相談するか、主治医の診察を受けるようにして下さい。