オイラックスの効果や成分

オイラックスの効果について

オイラックスは、湿疹やかぶれ、かゆみ虫刺されなどの皮膚炎の治療に使われる塗り薬です。
炎症を抑える成分・かゆみ抑制成分・殺菌作用・血流を改善する成分がバランスよく配合されており、湿疹やかぶれにすぐれた効果を発揮します。
また組織修復成分も配合されているので、患部をきれいに早く治す効果も期待できます。

オイラックスの成分について

オイラックスはステロイドのヒドロコルチゾンと、かゆみ抑制成分のクロタミトンが含まれています。
ステロイド外用薬には最も強い1群から弱い5群までの5段階の強さがありますが、オイラックスはその5群に分類されます。
そのため、軽い症状に使われる他、デリケートな顔などにも使いやすいお薬です。
オイラックスにはいくつかの種類がありますが、その種類によって含まれる成分や分量は多少異なります。
主に含まれる成分は次の通りです。

  • クロタミトン : 炎症に伴って生じるかゆみを抑える成分
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩 : 虫刺されなどによるかゆみを抑える成分
  • ヒドロコルチゾン酢酸エステル : 湿疹・痛みの原因となる炎症を抑える成分
  • グリチルレチン酸 : 湿疹・痛みの原因となる炎症を抑える成分
  • デキサメタゾン酸 : 湿疹・痛みの原因となる炎症を抑える成分
  • プレドニゾロン吉草酢エステル酢酸エステル : 湿疹・痛みの原因となる炎症を抑える成分
  • トコフェロール酢酸エステル : 血行促進作用でターンオーバーを促し皮膚の回復を助ける成分
  • アライントイン : 皮膚表面や角質の修復を助ける成分
  • イソプロピルメチルフェノール : 患部を殺菌し二次感染を予防する成分

オイラックスの使用方法について

通常1日1回から数回、患部に直接塗り込むか、無菌ガーゼなどに伸ばして貼り付けます。
その際は強くこすらず、軽く塗りつけるようにして下さい。
決められた用法と用量を守って、十分な量を正しく使うことが大切です。
中途半端に使用すると、かえって治療期間を長引かせる事になってしまう可能性があります。
また、症状のある部位以外には塗り広げないように注意して下さい。
1~2週間程度の使用では副作用はほとんどありません。
まれにかぶれが起きる事がありますが、しばらく続けても症状が良くならない時や、むしろ悪化するというような場合には、使用を中止して早めに受診しましょう。
また、顔に使用する場合には目に入らないように十分注意して下さい。
尚、ステロイド成分には抗炎症作用はあるものの、一方で免疫反応を抑制する作用があるため、細菌や真菌、ウィルスなどによる皮膚の感染症は症状を悪化させてしまう恐れがあります。
炎症の原因がわからない場合には、皮膚科を受診してから使用する事が大切です。