エフペシアの効果や副作用

エフペシアの効果について

エフペシアは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
AGAには、男性ホルモンが大きく関わっています。
テストステロンという男性ホルモンを、5α-リダクターゼという酵素がジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまう事が、AGAの原因とされています。
DHTは、毛周期の成長期を短くしてサイクルを乱し、抜け毛を引き起こします。
エフペシアの主成分であるフィナステリドは、DHTの生成を抑制する作用があるため、それによってAGAの症状が改善する効果が期待できます。
5α-リダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2種類がありますが、フィナステリドはそのうちⅡ型に作用する特徴を持っています。
Ⅱ型の5α-リダクターゼは、特に前頭部や頭頂部に多いため、エフペシアを服用すると俗にM字、O字と言われる薄毛に対して効果があると言われています。

一般的に6ヶ月程度続けて服用する事で、効果が現れるとされています。
中には3か月ほどで効果がを実感される方もいるようです。
いずれにしても、効果を持続させるのためには継続して服用する必要があります。
服用量を増やしたからと言って、効果が増大する事はなく、むしろ副作用が出やすくなりますので、規定量以上の服用は避けて下さい。
1年以上服用して効果を実感したという方もいらっしゃるので、あきらめずに続ける事が大切です。
また、エフペシアの成分のフィナステリドには、毛周期の乱れを修正する働きがあるので、服用を始めて最初の3か月ほどは、一時的に抜け毛が増える事がありますが、徐々に収束しますので心配はいりません。

エフペシアの副作用について

エフペシアは成人1日1回、主成分フィナステリドとして0.2mg服用します。
症状や年齢によって増量される事もありますが、上限は1日1mgです。
エフペシアを服用した際の主な副作用は、性欲減退や陰茎の勃起力が弱くなる事などが報告されています。
気になる症状が現れた時は、医師や薬剤師に相談してください。
また、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫や、睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下、リビドー減退、勃起機能不、射精障害、精液量減少、肝機能障害、等の重大な副作用が起こる可能性もあります。
その場合にはすぐに服用を中止して、医師の診察を受けるようにしてください。
また、女性の方や肝機能障害のある方は使用できません。
女性は手に触れるのもよくないとされています。
妊娠している方やその可能性のある方、授乳中の方は特に気を付けてください。