イミグランの効果や成分

イミグランの効果について

イミグランは片頭痛や群発頭痛の痛みを取るお薬です。
片頭痛は慢性頭痛のひとつで、頭の血管が拡張してズキンズキンと脈に合わせたような痛みが起こります。
また同時に吐き気や嘔吐も伴う事が多くなります。
発作の前に目の前がチカチカするなどの前兆を感じる方もいます。
頭痛が発現した時にイミグランを服用する事で、痛みを和らげる効果が期待できます。
症状が出たらなるべくすぐに飲むとより効果的です。
あくまでも発作が起きた時に使うお薬であり、発作予防に用いる薬ではありません。

イミグランの成分について

イミグランの主成分はスマトリプタンコハク酸塩で、化学構造的にトリプタン系に分類されます。
この成分は血管内壁のセロトニン受容体(5-HT_1B/1D)に働き、拡張した血管を収縮させるとともに、三叉神経に作用し炎症を引き起こす神経ペプチド(CGRP)を抑制し、血管周りの炎症を取る事で痛みを和らげます。

イミグランの服用方法について

イミグランには錠剤と点鼻薬、そして注射薬がありますが、こちらではイミグラン錠50の服用方法をご紹介します。
イミグラン錠50は、通常成人1回1錠を、頭痛発現時に服用します。
十分な効果が得られない場合には、前の服用から2時間以上経過すれば追加して飲む事は可能です。
1回1錠では効果が十分ではない場合には、次に頭痛の発作が起きた時は2錠飲む事が出来ますが、1日の服用量は200mg(4錠)を超えないようにする必要があります。
頭痛が起こっていない時に予防的に飲むことはできません。
即効性が期待できるお薬で、服用後30分程度で効果が出るとされています。

イミグランの副作用について

主に報告されている副作用としては、身体各部の痛み、吐き気・嘔吐、動悸、倦怠感、眠気、蕁麻疹、発疹などの皮膚症状等があります。
このような症状が現れたら、医師や薬剤師に相談してください。
また飲みはじめに、胸やのどの違和感を感じる方もいるようです。
その場合は、念のため心電図検査を受けると安心です。
また、イミグランは血管収縮作用のあるお薬のため、狭心症などの心臓に疾患をお持ちの方は慎重に服用する必要がありますので、必ず医師に相談するようにして下さい。
また以前このお薬を服用してアレルギー症状を起こした事にある方も、必ず医師に伝えるようにして下さい。
さらに脳血管障害の既往症や、末梢神経障害、高血圧、肝臓病、てんかん発作の既往症、腎臓病の方や、妊娠中授乳中の方、また現在他にもお薬を使用している方も、必ず医師に伝えて服用の相談をするようにして下さい。