アボルブの効果や副作用

アボルブの効果について

アボルブは、元々前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
前立腺を肥大させるジヒドロテルトステロンの生成を抑制し、前立腺を縮小させることで排尿障害を改善するお薬です。
しかし同時に毛髪を増やす作用がある事もわかったため、AGAの治療薬として再開発されました。
AGAとは男性型脱毛症のことで、前頭部や頭頂部、またはその両方の毛髪が少なくなる症状です。
男性ホルモンのテストステロンが頭皮の5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)が生まれます。
そしてそのジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれると、毛母細胞へ脱毛するように指示を送るため、その結果毛髪の成長が阻害され、短くて細い毛が増えてしまうのです。

アボルブの有効成分である「デュタステリド」には、AGAの原因となる物質である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産生を抑制する作用があります。
5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、従来はⅡ型のみがAGAの発症に関係していると考えられていましたが、研究の結果Ⅰ型も関与していることがわかりました。
AGA治療薬には他にフィナステリドという成分がありますが、そちらが5αリダクターゼにはⅡ型のみに作用するのに対して、アボルブは5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型、その両方を阻害する作用があります。

効果を実感するまでの期間は、一般的に6ヶ月以上の継続服用が必要であるとされています。
なかなか効果が見られないからと言って、自己判断で服用を中止したりしないようにして下さい。
また飲み忘れが続くと効果が感じられなくなる可能性もありますので、できるだけ毎日同じ時間に服用することで、飲み忘れを予防しましょう。
1回の服用量は0.5mgで、1日1回服用します。
前日飲み忘れたからといって、次の日に2日分まとめて飲むことは避けてください。

アボルブの副作用について

アボルブの使用で報告されている副作用には次のような症状があります。

  • 1%以上 : 勃起不全や射精障害、性欲衰退などの性機能不全
  • 1%未満 : 発疹/頭痛/抑うつ/乳房の女性化等乳房関係の障害/腹部の不快感
  • 不明 : 肝機能障害/黄疸/蕁麻疹/アレルギー反応/むくみ/めまい/味覚異常等

副作用自体はどんなお薬にもあるものなので、過度の心配は不要ですが、何か気なる症状が現れた場合には、服用を一時的に中止し医師や薬剤師に相談するようにして下さい。