アシビルクリームの効果や成分

アシビルクリームの効果について

アシビルクリームは、インドのムンバイにあるシプラ社が製造販売しているお薬です。
シプラ社は1935年に設立された歴史ある企業で、インド国内ではジェネリック医薬品のシャアの多くを占めています。
アシビルクリームは、1日数回患部に直接塗布することで、主に性器や口唇などのヘルペスを治療する塗り薬です。
適応症は次の通りです。

  • 単純疱疹
  • 帯状疱疹
  • 造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制

ヘルペスは1度発症すると、後に再発することがよくあります。
ヘルペスに初めて感染した後、ヘルペスウィルスは知覚神経節の神経細胞の潜伏します。
発熱や紫外線、疲労やストレスなどで免疫力が下がると、そのウィルスが再び動き出し症状が現れるのです。
発症初期のウィルス量が少ない時期に使用すれば症状の悪化を防ぎ、より高い効果が期待できます。
逆に放置すればするほど治りにくく、悪化してしまうことになるため、発症した際には早めの治療がとても大切になります。

アシビルクリームの成分について

アシビルクリームの主成分は「アシクロビル」で、DNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれる成分です。
1g中にアシクロビルとして50mg含有しています。
DNAポリメラーゼというのは、ウィルスのDNA複製に関わる酵素で、アシクロビルはそのDNAポリメラーゼを阻害することで、ウィルスが増殖するのを抑制します。
またウィルスの増殖を抑えるだけでなく、発疹を抑えたり皮膚の病巣の悪化を抑える効果もあります。

アシビルクリームの副作用について

アシビルクリームの有効成分であるアシクロビルには、次のようないくつかの副作用が報告されています。

  • 0.1~1%未満 : 投与部位の刺激感、接触皮膚炎、瘙痒、紅斑性発疹
  • 0.1%未満 : 投与部位の疼痛、皮膚乾燥
  • 頻度不明 : 灼熱感、皮膚薄片剥離、血管浮腫、蕁麻疹

これらの症状以外にも副作用が起こる可能性はあります。
アシビルクリームを使用して、いつもと違う症状など気になる事がある場合には、医師や薬剤師に相談するようにして下さい。
また、アシクロビルやバラシクロビル塩酸塩に対し過敏症の既往歴のある方は、使用する事ができませんので、診察の際医師に伝えてください。
さらに、持病のある方や、継続して使用している医薬品やサプリ、健康食品などがある方などは、使用前に医師や薬剤師に相談しましょう。
尚、このお薬を使用して7日間経過しても、症状が改善する兆候が見られない場合や、悪化するような場合は、他のお薬での治療に変更する必要があります。