ジェネリック医薬品について

そもそもジェネリック医薬品って何?

ジェネリック医薬品は先発薬と同成分で製造され【医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律】に基づき、多くの厳しい規制ないし基準を突破した薬のことを指します。

最大の特徴として、先発薬と比較して開発に掛かる時間や手間が大幅に省かれることから価格がリーズナブルな点が挙げられます。
薬の効果や安全性が気になる方も多いと思いますが、先発薬と同等の効き目があるか、安全性、品質に問題はないかといったことが厚生労働省により厳しくチェックされ、先発薬と同等だと証明されてから販売される仕組みになっているので安心です。

先発薬とジェネリック医薬品の違いって?

先発薬とジェネリック医薬品の違いは薬の形状、色、添加剤、味覚等が挙げられます。成分に関しては先発薬と同じ量の有効成分で製造されます。
同量同成分であっても、服用しやすくするために形状を変化させたり、添加剤でより高い安定性を求めたりすることもありますが、生物学的同等性試験、溶出試験等の厳しい試験をパスし、ジェネリック医薬品の安全性や効き目が証明されない限り発売は認められません。

ジェネリック医薬品にするメリットって?

ジェネリック医薬品にするメリットは何と言っても価格の安さになります。
そもそも、薬を開発しその会社が特許を取ると、20年から25年間、開発した薬の製造や販売を独占できることになっています。この期間が経過すると別の会社であっても同一の有効成分を使用して製造や販売ができるようになります。この薬のことをジェネリック医薬品と言っています。
1つの薬の開発期間は9年から17年と言われています。
ジェネリック医薬品の場合は先発薬ですでに証明されている有効性や安全性がわかった有効成分を用いるので、期間は短く3年から5年で開発できると言われています。
期間が短いということは、開発に掛かってくる費用を大幅に抑えることができるため、薬を安く販売することが可能になります。
目安として先発薬の20%から50%の価格で購入できるので、長期間の服用が必要な場合や、複数の薬を服用している場合は薬に掛かるコストを大幅に抑えることができます。

ジェネリック医薬品の副作用について

ジェネリック医薬品も先発薬と同等の安全性がありますが、同等の副作用リスクが伴います。誰しもが現れる副作用ではありませんが、症状が継続するようでしたら、早めに医師や薬剤師に相談するようにしてください。