アイピルの効果や服用方法(飲み方)

アイピルの効果について

アイピルは有効成分レボノルゲストレルが配合されたノルレボのジェネリック医薬品になります。性行為後に72時間以内に1錠服用することで、妊娠を回避できるアフターピルになります。
避妊効果は非常に高く、服用することで子宮内の排卵を抑制し、着床を防止して、妊娠しにくい体のコンディションにします。
性行為後24時間以内の服用の場合は、95%以上といった高い確率で妊娠を避けられると言われています。

国内の医療機関でも扱われている有名なアフターピルのノルレボと同じ成分で同じ効果がありますが、後発薬ということで価格がリーズナブルなためコストパフォーマンスに優れています。

性被害に遭遇してしまった、パートナーとの性行為中にコンドームが破れて避妊に失敗してしまったといったあってはならない事態に備え、望まない妊娠を避けるためにもアイピルを常備薬として持っていれば安心だと言えます。

アイピルのレボノルゲストレルという有効成分は女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンになります。
服用することで体内の黄体ホルモン濃度が上がり、排卵や子宮内膜の増殖が抑制され、受精卵の着床を防いでくれます。また、子宮頚管内の状態を変化させ、子宮内に精子を侵入しにくくする作用もあります。

アイピルの服用方法(飲み方)について

性行為後72時間以内に1錠(1.5mg)服用します。
アイピルは避妊に失敗した性行為後、なるべく早い段階で服用することで妊娠を回避できる可能性が上がります。早ければ早いほど妊娠を阻止できるということです。
ホルモンバランス変化による身体への負担増により、吐き気といった副作用が出ることがあります。アイピルを服用後、2時間以内に嘔吐してしまった場合は、体内に薬の成分を吸収できていない可能性があるので、さらに1錠服用する必要があります。
アイピルの副作用の中で最も多いと言われている吐き気を防止するためにも、吐き気止めの薬と併用して服用することが推奨されています。

以下はアイピルを服用した場合の時間別妊娠率の目安になります。

  • 61時間から72時間以内・・・4.1%
  • 49時間から60時間以内・・・3.1%
  • 37時間から48時間以内・・・2.6%
  • 25時間から36時間以内・・・1.8%
  • 13時間から24時間以内・・・1.5%
  • 12時間以内・・・0.5%

妊娠を回避するためには72時間以内の服用が条件となっていますが、120時間以内であればおよそ50%の確率で妊娠を阻止できると言われています。
服用後3時間程度で薬効があり、排卵抑制等の作用がスタートします。
アイピルを服用したことで、妊娠を回避できたかをチェックするには妊娠検査薬を使用するか、次回出血を待ち判断してください。