スペマンの効果や成分

スペマンの効果について

スぺマンは精子量の増加、性欲、精力増進、性機能の向上といった効果が期待できるヒマラヤ社(Himalaya Drug Company)が製造、販売する天然成分配合のサプリメントになります。
アーユルベーダ(インド伝統医学)に基づいてハーブが配合されており、即効性はありませんが、3ヶ月以上継続して使用することで、症状が改善に向かうと言われています。また、サプリメントなので体への負担は少なく、効き目もやさしく副作用もないので安心して服用を継続することができます。

バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)といったED治療薬とのマッチングも良く、併用して服用することができるので、勃起力をキープしつつ精子量も増やすことができます。

精子の生成は20代の後半を境に減少に転ずると言われています。20代の頃と比べて30代になると性行為、自慰行為時の射精量が減ったと感じる方も多くなると言われています。
スぺマンを服用することで、精子量の増加が見込めるだけではなく、精子の運動量の改善効果も見込めます。
不妊の原因は女性にあるものだと思われがちですが、男性の精子の運動量が低いと卵子に到達することができません。つまり受精することができず、パートナーの妊娠につながりません。
スぺマンを服用することで、精子の質そのものを改善することができるので、男性に不妊の原因がある場合、スぺマンは救世主となりうるのです。

スペマンの成分について

スペマンに配合されている天然由来の成分は低いと性機能障害に繋がるテストステロンレベルを改善することで、精子減少症に陥った男性に対し、精子形成を促します。FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)を生成する好塩基性細胞(脳下垂体内)を増加させ、精子の量、精子の質を改善すると言われています。

コキラクシャという天然成分は、精液が尿道から漏れ出してしまう精液漏や精子の劣化、インポテンツといった症状の改善効果が期待できます。
トリビュラスはサポニン化合物(ステロイド性)を含有している特徴があり、服用することでこの化合物がDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)に変わり、勃起力や性欲、精力の増進を促進します。
ベルベットビーンには脳内の快感中枢と深く関与していると言われているホルモンの生成をサポートする作用があり、それだけではなく媚薬作用や精子減少症予防効果もあると言われています。