抗うつ薬の効果や副作用

抗うつ薬の効果について

病院でうつ病と診断された場合に、処方されるのが抗うつ薬です。
抗うつ薬を飲む事に抵抗を感じられる方も少なくないようですが、うつ病から回復するためには必要不可欠な治療法になります。
抗うつ薬は飲んですぐに効果が目に見えてわかるお薬ではありません。
しばらく続ける事で徐々に症状が軽減されるのです。
また、一時的に吐き気などの副作用が起きる事がありますが、だんだんと身体が慣れる事で治まる事がほとんどです。
薬を飲み始めても効果が現れない事に焦ったり、副作用を心配したりする患者の方もいらっしゃるかもしれません。
そのような心配事がある時には、主治医に遠慮なく相談するようにして下さい。
抗うつ薬の量を自分の判断で増減するのは危険です。
調子が良くなったからと言って勝手に服用をやめてしまうと、発汗や吐き気、ふるえ、不眠、混乱など様々な症状が発現してしまう事があります。
さらにうつ病の再発も起こしやすく、症状が悪化するという報告もあります。
うつ病は、治療中に症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す事が多い病気です。
そのため、たとえ症状が無くなったと思ったとしても、しばらくは抗うつ薬を飲み続けて様子を見る必要があります。
うつ病の治療は、焦らずゆっくり取り組む事が大切なのです。
抗うつ薬の飲み方や量については必ず医師に相談して、指示に従うようにして下さい。

抗うつ薬の副作用について

抗うつ薬には様々な種類がありますが、最も多く報告されている副作用は眠気やだるさです。
その他にも吐き気や下痢、便秘などの消化器症状もあります。
また頭痛やめまい口の渇き等を感じる方もいます。
これらの副作用はほとんどの場合、飲み始めて1週間以内に現れます。
あまりに副作用が辛いという時は、医師に相談して違うお薬に変えてもらうとよいでしょう。

抗うつ薬の種類について

現在、抗うつ剤には様々な種類が開発されています。

  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  • SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
  • NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)
  • 三環系抗うつ薬
  • 四環系抗うつ薬
  • セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節薬

これらの抗うつ薬の中から、医師が個人の症状や重症度に合わせて処方する事になります。
繰り返しにはなりますが、うつ病が完全に治らない原因のひとつとなるのが、自己判断で薬をやめてしまうという事です。
もう抗うつ薬を飲むのをやめたいと思ったとしても、まずは一度医師に相談するようにして下さい。