アフターピルの効果や服用方法(飲み方)

アフターピルの効果について

アフターピルは、万一避妊に失敗した場合のためにある緊急用のピルです。
性行為の後72時間以内に服用する事で、希望しない妊娠を避ける事が出来ますが100%ではありません。
アフターピルの主成分は、黄体ホルモンである「レボノルゲストレル」です。
アフターピルを服用する事によって、正常な排卵を抑制する効果があります。
また子宮内膜が厚くなる事を抑制し、たとえ受精卵が子宮に辿りついたとしても着床しにくくするという作用もあります。
ただし、アフターピルを服用する事によって身体のホルモンバランスを一時的に乱すことになりますので、あくまでも緊急用の避妊手段と考えて下さい。
妊娠を望んでいない場合には、パートナーと相談しながら適切な避妊法を取り入れるようにしましょう。

アフターピルの服用方法(飲み方)について

服用する時間は、性行為の後早ければ早いほど良いとされて、時間の経過とともに妊娠阻止率はどんどん減って行きます。
遅くとも性行為後72時間以内に服用する事が必要です。
特に食後などの制限はありません。
また、その他の薬と一緒に飲んでも問題はありません。
通常は、アフターピルを服用してから3週間以内に次の月経が起こります。
服用後3週間しても生理が来ない場合や、普段より出血量が明らかに少ないような場合には、妊娠している可能性も否めないため、産婦人科を受診するか市販の妊娠検査薬を使って妊娠の有無を確認する必要があります。

アフターピルの副作用について

アフターピルの副作用には、次のような症状があります。

  • 気分不快
  • 嘔吐
  • 不正性器出血
  • 乳房緊満
  • 頭痛
  • めまい
  • 疲労感

いずれも重篤な症状になる事はないとされています。
気分が不快である場合には、吐き気止めなどを処方される事もあります。
服用後2時間以内に嘔吐してしまうと、薬の成分も排出されてしまうため、できるだけ我慢して下さい。
もし嘔吐してしまった場合には、再度アフターピルの服用が必要となります。
ただし、心配だからという理由でアフターピルの量を増やしたり、更に飲んだりする事は避けて下さい。
アフターピルは、妊娠中服用しない事が推奨されていますが、もし妊娠中に飲んでしまったとしても胎児への影響はないとされています。
また授乳中であっても1日授乳を中止すれば、乳児に薬の影響が出る事はないとされています。
妊娠に気付かず服用してしまった場合や、授乳中にやむを得ず服用してしまった場合でも過度に心配する必要はないようです。