エルクインの効果や服用方法(飲み方)

エルクインの効果について

ニューキノロン系抗生物質として有名な有効成分レボフロキサシンを含有したクラビットのジェネリック医薬品がエルクインになります。クラミジアや淋病、膀胱炎、アクネ菌によるニキビ等々広範囲の治療に用いられています。

細菌による感染症に対し高い効果を発揮すると言われており、グラム陽性菌、グラム陰性菌の他にもマイコプラズマやレジオネラ、クラミジア菌や淋菌といった細菌にも有効です。
服用することで、細菌がDNAを複製しようとするのを阻害するので、細菌が増殖しようとする動きを抑制し、殺菌につながります。

エルクインはニューキノロン系に分類される抗生物質で、他の抗生物質と比べても抗菌力は高く様々な菌種に対して用いられています。抗菌スペクトルが広く細胞内移行性が高い特徴があるため、服用薬では治療が困難とされていた感染症に対しても有効となるケースが多いです。
副作用が発現する可能性も低いとされており、注意を払いながらにはなりますが、ペニシリン系、セフェム系の抗生物質に対してアレルギー反応を起こす方であっても使用することができます。

エルクインの服用方法(飲み方)について

基本的にはエルクインは1日1回500mgを服用します。病気の症状や体型等により1日1回250mgを服用することもあります。
但し、エルクインは病状によって服用方法(飲み方)は異なるので、以下を参考にしてください。

通常治療の場合

1日1回500mgの服用を7日間継続してください。
バラバラの時間に服用せずに毎日同じ時間に服用するように心掛けてください。
症状が重い場合は1日1回750mgを服用するケースもあります。
食事の影響は受けにくいとされているので、食後や食前にこだわる必要はありません。
もし、服用し忘れてしまった場合は、2回分を同時に服用することは止めてください。
飲み忘れに気が付いた時に早めに飲むようにし、次の服用時間が近い場合は1回分を飛ばすようにしましょう。

結核治療の場合

別の抗結核薬(イソニコチン酸ヒドラジド等)との併用が原則として定められているため、結核治療においては単独でエルクインが使用されることはありません。

腸チフスやパラチフスの治療の場合

1日1回500mgの服用を14日間継続してください。
バラバラの時間に服用せずに毎日同じ時間に服用するように心掛けてください。
食事の影響は受けにくいとされているので、食後や食前にこだわる必要はありません。