トリキュラーの効果や服用方法(飲み方)

トリキュラーの効果について

トリキュラーは経口避妊薬です。
トリキュラーは次の3つの作用で、避妊の効果を発揮します。
トリキュラーの成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンであり、トリキュラーを服用する事によって、脳からそれらのホルモンを出すようにという指令が出なくなり、それによって排卵が起こらなくなるのが、ひとつめの作用です。
2つめは、排卵が起こらなかった事によって、受精卵を着床させるための子宮内膜が厚くなりません。
つまり、受精卵が子宮に来たとしても着床出来ない環境になるのです。
さらには子宮頸管粘液の分泌量が減り、粘度が高くなるため、精子が頸管の中を通過出来なくなるという作用もあります。
これら3つの作用で、トリキュラーの避妊効果が可能になっているのです。

トリキュラーの服用方法(飲み方)について

トリキュラーは、生理の1日目から飲み始めます。
トリキュラーには「トリキュラー28」と「トリキュラー21」があります。
「トリキュラー28」は、28日間続けて毎日服用し、出血の有無にかかわらず29日目からは次の周期の分の薬を飲み始めます。
一方の「トリキュラー21」は、21日間連続して服用したら、その後7日間は服用しません。
そして、8日目に生理の有無にかかわらず、新しい周期の薬の服用を開始します。

どちらの場合も基本的に毎日同じ時間に、1錠ずつコップ1杯の水またはぬるま湯で服用して下さい。
もし飲み忘れた場合には、翌日までに気付いた場合にはすぐに飲み、その日の分も通常通り服用します。
2日以上飲み忘れた場合には、その月の服用は中止して、次の生理が来てから1日目の薬から再開して下さい。

トリキュラーの概要について

低用量ピルには主に次の3種類があります。

  • 1相性
  • 2相性
  • 3相性

1相性は21日間毎日、同じ量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた薬を飲み続けるというタイプです。
2相性は、生理周期の前半後半で薬に含まれるホルモン量が異なるタイプです。
そして、3相性は薬に含まれるホルモン量が3段階になっているもので、こちらのトリキュラーはそのタイプになります。
トリキュラーは飲み間違えを避けるため、3種類の錠剤は色分けされています。

トリキュラーの副作用について

トリキュラーの重大な副作用には、血栓症があります。
ふくらはぎの痛みや腫れ、手足のしびれ、鋭い胸の痛み、息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、脱力、めまい、まひ、失神、目のかすみ、舌のもつれ等の症状が起こった場合には、ただちに医師の診察を受けるようにして下さい。
その他には、消化器症状の副作用が多く報告されていますが、続けて服用する事によって軽減する事がほとんどです。
もしひどい副作用が続く場合には、医師や薬剤師に相談するようにして下さい。