タダシップの効果や服用方法(飲み方)

タダシップの効果について

有効成分タダラフィルを含有した有名なED治療薬「シアリス」のジェネリック医薬品がタダシップになります。男性の陰茎の血流を改善する効果があり、力強い勃起力、中折れ防止を実現し充実した性生活を与えてくれます。
ED治療薬を代表するバイアグラ(シルデナフィル)やレビトラ(バルデナフィル)のデメリットを補うような効能があります。

まず、シアリスと同様に効果の持続時間が非常に長いという特徴がタダシップにはあります。個人差はありますが、一度服用すると36時間から長いと48時間も効果が継続します。例えば金曜日の夜にタダシップを服用しパートナーと行為をし、翌朝からショッピング等に出かけ、就寝後の日曜日になっても薬効が残っています。このことが「ウィークエンドピル」と呼称される所以でもあります。

「長いと48時間も効果が続くんじゃ、その間ずっと勃ちっぱなし?」と思うかもしれませんがそのようなことはありません。タダシップはあくまでも勃起をサポートする効果があるだけで、性的刺激、性的興奮が無い限りは勃起するということはありません。
タダシップの服用後に性的刺激、性的興奮があった場合にいつもよりも強い勃起力を感じることがあるかもしれませんが、性欲を増進させる媚薬的効果はありません。

タダシップの服用方法(飲み方)について

タダシップのもう一つの特徴として食事の影響を受けにくいことが挙げられます。
ED治療薬の服用経験がある方で、効果を実感できなかった方の多くは食事の影響によるものだと言われています。バイアグラ(シルデナフィル)やレビトラ(バルデナフィル)と比べてタダシップ(タダラフィル)は食事の影響を受けにくく、およそ800kcalまでの食事でしたら問題ないと言われています。但し、脂っこい食べ物は避けるようにしましょう。
また、タダラフィルは体内に緩やかに吸収される特徴があるため血中濃度が一気に上昇することがなく、副作用が発現しにくいです。

少量なら特に問題はありませんが、タダシップの効果を最大限に得たいなら過度のアルコール摂取は控えるようにしてください。血管拡張作用があるので、普段なら酔わない少量のアルコールであっても酔いがまわってしまうことも考えられます。
お酒に弱いと自覚しているならアルコール摂取は避ける方が無難です。
また、副作用が出やすくなるので、グレープフルーツジュースとの併用は避けるようにしてください。