チャンピックスの効果や服用方法(飲み方)

チャンピックスの効果について

チャンピックスはニコチン依存症の方の禁煙をサポートする薬になります。従来のニコチンガムやニコチンパッチと異なり、ニコチンを含んでいない特徴があります。
これまでのニコチン製剤による置換療法はタバコからニコチン製剤にチェンジして治療を行いますが、チャンピックスの場合は非ニコチン製剤のため、いきなり禁煙するのではなく、薬の量を徐々に増やしながらタバコの本数を徐々に減らしていくといった方法が取られます。

タバコを吸うことによる快感はニコチンによって引き出されるドパミンによるものだと言われています。チャンピックスを服用することで脳内のニコチン受容体と強く結び付き、ニコチンが結び付こうとするのを抑制します。そして2つの作用(刺激作用、拮抗作用)がニコチン受容体に対し現れるようになります。

刺激作用についてですが、ニコチンと比較すると受容体が刺激を受けた際も少量のドパミンしか放出することはありません。ただ、タバコを吸ったときと同じような脳内環境になるので、禁煙によるイライラ感やソワソワ感を緩和することができます。

チャンピックスがニコチン受容体に結び付くことで、タバコを吸うことによる満足感を抑制する作用を拮抗作用と言います。少量のドパミンしか放出されなくなるので、禁煙しているときにタバコを吸ったとしても、チャンピックスを服用する前のような満足感を得ることができなくなり、いまいちすっきりしないので、タバコ自体を吸おうという気が起きなくなります。

チャンピックスの服用方法(飲み方)について

まずいつから禁煙するかを決めて、禁煙予定日の1週間前からチャンピックスの服用をスタートします。
初日から3日目にチャンピックス0.5mgを1日1回服用します。(朝昼晩いずれかの食後)
4日目から7日目は0.5mgを1日2回服用します。(朝食後と夕食後)
8日目以降は1mgを1日2回服用します。(朝食後と夕食後)ちなみに8日目以降はタバコを吸うことはできません。
その後も1mgを1日2回服用(朝食後と夕食後)していき、12週間継続します。
さらに服用が必要だと医師に判断されたら、継続して服用していきます。
チャンピックスを服用すると吐き気を催すことが多いと言われているので、服用時には以下の点に注意してください。

  • 食後に服用する
  • 多めの水かぬるま湯で服用する
  • 吐き気止めを併用する

徐々に慣れて吐き気もおさまってくるケースが多いですが、症状が継続して服用するのが難しい場合は、チャンピックスの量を減らして服用することも可能です。(0.5mgを1日2回)