HOME > 外来受診 > 専門外来

専門外来

フットケア外来  禁煙外来  頭痛外来  もの忘れ外来  無呼吸外来

フットケア外来

フットケア外来(足病外来)とは??

 当院では現在、足病外来(フットケア外来)なるものが活動しています。足の病気? 何をみるの?? そもそも足の病気とはなに??? と思われる方も多いのではないでしょうか。 
その疑問にお答えするための第一歩となる特集です。

 

 

まずは、足の状態を確認します。そして日頃の手入れや注意点などをお教えします。

キズができる前に・・・ちょっと相談してみませんか?

 

1. 足の病気

 ここで言う「足の病気」とは爪や爪の周りの赤み痛み、足の裏にあるタコ、ウオノメ、足先が冷たくなったり色が変わったりするものから皮膚が破け潰瘍まで、足で起こりうるあらゆる異変を示しています。ではなぜその様な病変に注意を払うのか。そこにはとても重要な意味があります。

 

2. 足だけ ではすまない病気

 もちろん単純に歩き過ぎ、使い過ぎによるタコなどもありますが、全身に関わる病気が原因でおこるものもあります。 足の傷だけで治る場合もあるしそうでない場合もあるのです。 異常は指先から足の裏そして足全体へとひろがってしまい場合によっては足が切断され、更には生命に関わることになる事も少なくないのです。

 

3. 何が怖いのか

 足と関係の深い病気の代表は閉塞性動脈硬化症と糖尿病です。閉塞性動脈硬化症は全身的な動脈硬化症の部分症状を意味していますので、全身の血管で動脈硬化が進んでいると考えると良くない事が理解していただけると思います。
そして糖尿病。目が見えなくなったり、心筋梗塞をおこしたり、腎機能障害をおこしたりと合併症が多い事でも有名です。また血糖値の異常は普段気づかないので、体のどこかが悪くなったときに糖尿病が判明する事も少なくありません。  
糖尿病性足病変は糖尿病による自律神経障害、末梢神経障害と末梢血管障害を原因として足が潰瘍を作りやすくなりそこから感染、壊疽(組織が腐る事)へとすすみ容易に足の切断となります。足が切断になると日常生活の能力が低下し全身状態の悪化へとつながります。ある統計研究では足が大切断になった場合の5年生存率は50%余りとあの癌と同じくらいの悪さが示されました。「たかが足先の病気・・・」では済まされない結末になるということです。
食生活の変化により糖尿病患者数は増え続け、日本でもその数は既に1000万人を超えていると考えられています。しかもその数は増加の一途。他人事ではありません。

 

4. そこでフットケア

 病院でのフットケア、足病外来の目的は足病変の予防と早期発見にあります。
キズがあるときだけのものではありません。 特に糖尿病の患者さんはキズのない時から足の観察、爪の手入れなど専門知識をもったスタッフに診てもらうのはとても大切な事です。
足の手入れと観察から病気を見つけ出す看護師、超音波やレントゲンで病気の原因を究明する検査技師、そしてキズの処置から全身を管理する医師などチームで取り組んでいるのがフットケアなのです。

 

ヨコクラ病院フットケアチームは火曜日の午後と金曜日の午前に活動しています。ちょっと気になる方は是非相談に来てください。また病気の心配があれば外科、血管外科へご相談を。

診療スケジュール・担当医

曜 日
担当医師  

横倉 義典

(午前のみ)

     横倉 義典

(午前のみ)

 

※診療の都合により変更する場合があります。

 

禁煙外来

禁煙したい方へ

 当院では禁煙外来を開設いたしました。

禁煙外来の主たる役割は禁煙のための専門的治療を行うことです。禁煙に対する治療はニコチン依存症の治療であり、喫煙に関する多くの病気の予防や改善効果が期待できる保険サービスです。

 

 喫煙が肺がんや肺気腫の原因となるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞の発症にも大きくかかわることは良く知られた事実であり、禁煙を望む人は数多くいます。しかし、実際に禁煙に成功した人はどれだけいるでしょうか。
 喫煙がやめられないのは、ただ意思が弱いからではなくニコチン依存症という病気によるものなのです。

 近年、ニコチンを含まない内服薬による禁煙治療が普及してきました。この薬はタバコを吸いたいという欲求を抑えつつ、吸ったときの満足感を軽減させる作用があります。

 

 3ヶ月間で治療は終了し、3割負担の方で自己負担額は月額6,000円程度です。以前に禁煙に失敗した方、今後禁煙を希望される方は是非当院へお問い合わせください。

 

 特に高度のニコチン依存症の場合は禁煙が困難な場合が多く、ひとりではできなかった禁煙を専門のスタッフの協力を得ながら、行動療法や薬物療法で治療できます

診療スケジュール・担当医

曜 日
担当医師

古賀 昭次

小田原 晋一

木山 雅晴

(午前のみ)

 

古賀 昭次

木山 雅晴
(午前のみ)

古賀 昭次

小田原 晋一

木山 雅晴
(午前のみ)

古賀 昭次

小田原 晋一

木山 雅晴

(午前のみ)

 古賀 昭次

(午前のみ)

※診療の都合により変更する場合があります。

頭痛外来

頭痛に悩んでいませんか?

・これまで経験したことのない頭痛

・突然襲ってきた頭痛や痛みがどんどん増してくる頭痛

・頭を動かしたりすると、ひどくなる頭痛

・手足の痺れなどを伴う頭痛

 

 このような頭痛を経験した事のある方は頭痛外来を受診されることをお勧めします。

MRIやCT検査で頭蓋内の疾病を確認することが大切です。

受付にご相談ください。

診療スケジュール・担当医

曜 日
担当医師

石橋 章
(午前のみ)

石橋 章
(午前のみ)
  石橋 章
(午前のみ)
  石橋 章
(午前のみ)

※診療の都合により変更する場合があります。

 

もの忘れ外来

 もの忘れには、あまり心配しなくてよい『もの忘れ』と、徐々に進行していき、自分の体験や出来事のすべてを失っていく『もの忘れ』があります。この後者が『認知症』と言われている病気です。

 もの忘れから始まり、徐々に進行して時間や場所、計算、さらには人の分別などの認識が取れなくなってしまいます。

 『認知症』には、早く発見されれば病状の進行を遅らせたり、場合によっては治る可能性もあります。

もの忘れでお悩みの方は、ご家族と一緒に早めの受診をお勧めします。

診療スケジュール・担当医

曜 日
担当医師

石橋 章
(午前のみ)

石橋 章
(午前のみ)
  石橋 章
(午前のみ)
  石橋 章
(午前のみ) 

※診療の都合により変更する場合があります。

※初診の場合、月・木 11:00~11:30の予約診療となりますので、事前にご連絡ください。

認知症を疑う日常生活上の変化のチェック

◎ 計算の間違いが多くなった。

◎ 同じことを何度も言ったり聞いたりする。

◎ 時間や日付が不確かになった。

◎ 以前よりだらしなくなった。

◎ 慣れているところで道に迷った。

◎ 水道の蛇口やガス栓の締め忘れが目立つ。

◎ 以前はあった関心や興味が失われた。

◎ 置き忘れやしまい忘れが目立った。

◎ 物の名前が出てこなくなった。

◎ 日課をしなくなった。

 

思い当たる項目がありましたか?気になることがあれば、早めに、もの忘れ外来で医師にご相談を

お勧めいたします。

 

無呼吸外来

睡眠時無呼吸症候群

 

次のような症状がある時は疑ってみましょう!

 

・大きないびきをかく

・日中いつも眠い

・居眠り運転をよく起こしそうになる

・夜間の呼吸停止

・夜中に何度も目が覚める

・起床時の頭痛やだるさ

 

「眠っている間に、激しいいびきをかいていたかと思うと、いきなり静かになる(呼吸が止まる)。やがて、急にまたすごい音でいびきをかき始める。」などの症状があったら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

この症状は、呼吸の停止によって睡眠が中断されるので熟睡できず、昼間、急激な眠気に襲われてしまいます。そのため居眠り運転により交通事故に至るケースも少なくないと言われています。

当院では、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っております。ご利用ください。

診療スケジュール・担当医

曜 日
担当医師

 小田原 晋一

(午前のみ)

     小田原 晋一
(午前のみ)
小田原 晋一
(午前のみ)
 

※診療の都合により変更する場合があります。