HOME > 外来受診 > セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来について

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは?

 あなたの病気の診断や治療方針を現在の主治医とは別の医師の意見を聞いたり、助言を受けたりすることをいいます。医師によって、病気に対する考え方が違う場合があるからです。

 当院では、当院以外の主治医にかかっている患者さんを対象に、現在の主治医からの診療情報提供書、検査データ及びレントゲンフィルム等の情報に基づき、当院の専門医が診断内容や治療法に関して意見・判断を提供して、自分に最も適した治療方法を選択する際のご参考にしていただくことを目的とします。

 当院での検査や治療を希望される場合は、セカンドオピニオン外来の対象ではありませんので、一般外来への受診をお願いします。

 

セカンドオピニオン外来を受けることができる方

 患者さん本人の相談を原則とします。但し、止むを得ない事情により患者さん本人が来院できない場合は、ご家族のみでの相談は可能です。この場合、患者さん本人の同意書と続柄を確認できる書類が必要です。また、患者さん本人が未成年の場合は、続柄を確認できる書類が必要です。

 

セカンドオピニオン外来をお受けできない場合

  • 当院での検査や治療を希望されている場合
  • 医療費の内容や医療給付に関する相談
  • 現在の主治医の了解を得ていない場合
  • 診療情報提供書及び検査データ、レントゲンフィルム等を持参できない場合
  • 現在の主治医に対する不満や医療過誤及び裁判係争中に関する相談
  • 亡くなられた患者さんを対象とする相談
  • 治療後の良し悪しの判断を目的とする相談
  • 特定の医師・医療機関への紹介を希望されている場合
  • 相談内容が当院の専門外である場合
  • 事前の予約がない場合

 

セカンドオピニオン外来のしくみ

 完全予約制です。相談内容から担当医を決め双方の日時を調整させていただきます。

受診時間は60分です。料金は10,000円(税抜)です。以後延長される場合は30分毎に5,000円(税抜)です。

自由診療ですので保険は使用できません。

お問い合わせや予約には、料金は不要です。

 

セカンドオピニオン外来に必要なもの

必ず必要なもの

申込書、診療情報提供書、検査データ及びレントゲンフィルム等

 

ご家族だけで相談の場合

申込書、診療情報提供書、検査データ及びレントゲンフィルム等に加え、患者さんご本人の同意書及びご本人との続柄を示す書類(住民票、戸籍謄本、健康保険書のコピーなど)

 

患者さんが未成年の場合

申込書、診療情報提供書、検査データ及びレントゲンフィルム等に加え、患者さんご本人との続柄を示す書類(住民票、戸籍謄本、健康保険書のコピーなど)

 

その他注意点

  • 申し込みをキャンセルする場合は、早めにご連絡ください。
  • いったん決定した相談日の変更は、お受けできませんのでご了承ください。
  • 相談中の録画・録音は、ご遠慮ください。

 

予約の仕方・受診までの流れ

  1. お電話にて当院の地域医療連携室へご連絡ください。
    電話 0944-22-5811(代) (平日 9:00 ~ 16:30)
     
  2. お電話でお話をうかがった後、以下の書類を郵送いたします。
    • セカンドオピニオン外来申込書
    • 現在おかかりの先生に記入していただく診療情報提供書(紹介状)
    • 同意書(患者さんご本人以外が相談にこられる場合)
       
  3. 「申込書」はFAXまたは郵送にてお送りください。
     
  4. 「申込書」に基づき、予め受診内容を確認後、受診日を決定しご連絡いたします。

 

※セカンドオピニオン申込から相談まで、日程調整に必ず数日間かかります。

※お申し込み後に内容によりお断りする場合がありますので、ご了承ください。

※予約制になっておりますが診療の都合上、医師が遅れる場合があることをご承知おきください。