HOME > 病院の概要 > 医療安全に関する指針

医療安全・院内感染対策に関する指針

ヨコクラ病院安全管理指針

1.安全管理に関する基本的な考え方

ヨコクラ病院(以下「病院」という。)の医療安全管理に関する基本的な考え方は、「人間は過ちを犯す」 という前提に立ち、職員一人一人が医療安全管理に対する高い意識を持ち、過ちを誘発しない環境や過ちが患者の傷害等に発展しないシステムを構築するため、関係する各部署および各委員会が連携を図り、病院における医療安全管理を推進する。

 

2.医療安全管理委員会とその他病院内の組織に関する基本事項

病院は、院長を委員長とする医療安全管理委員会を設置し、安全管理に関する基本的事項について審議し、インシデントおよびアクシデントの実態把握と再発防止等、医療安全の確保および向上に努める。この委員会内にて医薬品安全管理および医療機器安全管理について専門的に検討する。また、病院は院長の諮問機関として医療安全対策委員会を筆頭に院内感染対策委員会、医薬品安全管理委員会、医療機器安全管理委員会を医療安全管理委員会小委員会と位置付け、各分野において専門的な検討を行う。

 

3.医療安全管理のための職員研修に関する基本方針

医療安全管理委員会は、職員を対象とする医療安全に関する研修および医薬品安全管理、医療機器安全管理に関する研修を各々年2回以上実施する。医薬品および医療機器の安全使用等に関する研修は、医薬品安全管理責任者ならびに医療機器安全管理責任者等が企画・立案し、関係職員を対象に実施する。

 

4.事故報告等の医療に関る安全確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針

インシデントおよびアクシデントは速やかな報告を求めるとともに、その原因分析は、当事者の責任を追及するのではなく「何が問題か」「なぜおきたのか」を視点に据え、改善策を考え、医療の質の向上に努める。さらに、インシデント報告書等については個々に分析し、その結果については、事例ならびに対策を全職員に還元し共有する。

 

5.医療事故等発生時の対応に関する基本方針

医療事故が発生した場合は、過失の有無を問わず、速やかに患者の救命や回復に最善を尽くすこととする。また、病院内のみでの対応が不可能と判断された場合には、遅滞なく他の医療機関の応援を求め、必要なあらゆる情報・資材・人材を提供する。

 

6.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

本指針は、ヨコクラ病院ホームページに掲載するとともに、患者およびその家族から閲覧の申し出があった場合はこれに応じるものとする。

 

ヨコクラ病院院内感染対策指針

1.院内感染対策に関する基本的な考え方

患者さん、職員の安全と、質の高い医療サービスの提供のため、ヨコクラ病院では、 院内感染の防止に重点をおくと共に、感染症発生の際には拡大防止のためその原因の速やかな特定、制圧、終息を図ることに努める。このためには、院内感染防止対策を全職員に周知し、対策に則った医療を提供できるよう、本指針を作成する。

 

2.院内感染対策のための組織

院内感染防止に対する職員一人一人の意識と知識を高め、病院職員全員の協力によって、感染の予防に努めるため、院内感染対策委員会を設置する。委員会は病院長のもとに、医師、看護部長、各部門からの代表者で構成し、毎月1回会議(必要に応じて臨時会議)を行い、院内感染対策マニュアルの作成と実行、感染症発生状況や抗生剤使用状況の把握、滅菌と消毒の徹底、環境の整備と調査、職員の教育と研修、職業感染対策、感染性廃棄物の適正処理の徹底、新型感染症、パンデミック発生等に対する対応策を検討する。又、院内感染対策委員会の中に感染対策チーム(ICT)と感染担当看護師会(LK会)を設置し感染対策を施行する。

 

3.院内感染対策のための職員に対する研修

院内感染対策に関する基本的な考え方、及び具体的な対策について職員に周知徹底を図る為、入社時の新人研修や、原則年2回の全体研修を開催するとともに、院外の感染対策に関する研修会等参加希望者の参加を支援する。又、院内研修の開催日時、出席者、研修内容等は記録して保管する。

 

4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

院内感染症事例、集団院内感染症、法令に定められた感染者の届出、及び当院の感染症の発生状況を把握する為の院内での耐性菌動向サーベイランスは、感染症調査報告書にて院内感染対策委員会及びICTに報告し、報告が義務付けられている感染症が発生した場合は、速やかに保健所等に報告し、関連部署と連携を取って対応する。又毎週、感染症情報、毎月、検体別検出細菌件数、薬剤感受性成績、耐性菌発生状況を委員会に報告し現場へ情報提供する。

 

5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

院内感染発生時は、発生部署の職員が直ちに院内感染対策委員会に報告する。委員会は速やかに発生の原因を究明し、改善策を立案し全職員に周知徹底して実施する。

 

6.患者への情報提供と説明

本指針は、患者様又は家族が希望した場合閲覧することが出来るようにすると共に疾患の説明と、感染防止の基本についても説明して、理解を得た上で協力を求める。

 

7.その他院内感染対策推進のために必要な基本方針

病院職員は自らが院内感染源とならないためにも、定期健康診断を必ず受診し健康管理に努めなめればならない。又、関連施設、地域、保健所、医師会等との連携と協力にて感染対策の推進を行う。

 

 

 

平成19年9月28日策定

平成22年5月1日改訂

平成24年4月1日改訂

平成28年2月1日改定