HOME > 病院の概要 > 職務環境改善の取組

職務環境改善の取組について

 地域に必要とされる良質な医療を担うためには、各専門分野の専任スタッフの職務上必要とされる 「知識」や「技能」を精進させる病院の環境作りが大切だと考えています。

 

 これらの環境をより良いものへと変えることで、専任スタッフが医療に集中することができます。 さらに必要な医療を充実させ、皆様方の生活をより快適なものとなるよう、お手伝いさせて頂きます。

 

平成26年10月、ヨコクラ病院は新設移転しました。

 ヨコクラ病院は、平成26年10月に新設移転をいたしました。救急・外来充実のため、看護師や薬剤師、 放射線技師などを含め、新たなスタッフの採用を募集し、医療体制の充実を図っています。

 

 この新設移転は、病院を新しい建物にするだけではなく、最新の医療器材をはじめとした、 より高度な医療を提供するための、新しい環境作りのひとつです。

 

 

医師、看護師の方は、こちらのサイトをご覧ください。

 

 

新電子カルテシステムの導入

 平成25年5月、電子カルテシステムを『HS-MIRAIs』から『MIRAIs/PX』 にバージョンアップを行いました。今後もその他システムを含め極力ペーパーレス化を実現する予定です。

 

 今までのシステムと比べ、各部門間の連携の強化が期待でき、患者さんにとっても、職員にとっても、 たいへん効率の良いシステムを目指しています。

 

医療職務に集中するために

「託児所」をいつでも利用することができます。

 専門スタッフの中にはお母さんもいます。お母さんが 安心してヨコクラ病院で働けるように、今よりも託児所 を利用しやすくできるよう改善いたします。

 

例えば、夜勤明けの勤務日以外の日でも、お子様を預け て1日をリフレッシュできるように…などを実施してい ます。

託児所

 

 

独身寮

新たな独身寮を新築しました。

 ヨコクラ病院では新たな独身寮が完成しました。

 

スタッフが快適な環境で過ごせるようにとの思いを込 められています。

 

女性活躍推進行動計画

⇒女性活躍推進行動計画 資料のダウンロードはこちら

 

その他

          など実施中