HOME > 医療設備について > 透析室

透析室

透析室

概要

開設

昭和63年1月

ベッド数 22床(個室2床)
患者数 約50名
スタッフ

腎臓内科医師 4名
看護師    6名
臨床工学技士 2名

透析実施

 毎日2クール(夜間透析なし)

 

緊急透析

 24時間オンコール体制をとっております。

 

 

臨時透析

 旅行、出張、帰省時の臨時透析をお受けしております。電話にてお早めにお問い合わせください。また、ご来院の際には各種保険証・特定疾病療養受療証をご持参ください。

 

当透析室の特徴

 当施設は、内科・外科・整形外科・脳神経外科など10の診療科の専門職が協力し、透析患者さんを支援しております。
 

 導入から各診療科で入院治療を受ける方まで維持透析を行っており、胸・腹水濾過濃縮再静注法、エンドトキシン選択除去用吸着式血液浄化法、血漿吸着療法、血漿交換療法、白血球除去法などにも対応しております。

 

 また、当院の管理栄養士による透析教室を実施し、患者さんには大変喜んでいただいております。

 

 現在、糖尿病による足病変が増加していますが、フットケア外来と連携し、足観察シートを用いて足病変の早期発見、予防に努め、足病変のある方にはフットケアも行っております。