HOME > 部門紹介 > 薬局

薬局

 ヨコクラ病院薬局は、薬剤師、助手、SPD要員で業務を行っています。

主な業務は、院外処方箋監査、調剤業務、注射調剤業務、薬剤管理指導業務、医薬品情報業務、医薬品管理、などです。

薬局-

 

調剤業務

 処方箋発行後、最初に薬の量、飲み方、使い方、薬の飲み合わせ等の処方内容を確認します。
当院ではオーダリングシステムと自動錠剤分包機システムがオンラインによりつながっており、手入力による入力ミスを防ぐことが出来ています。入院患者さんには、錠剤を1回分ずつ一包化し、薬剤師2名による二重監査を行い、患者さんに正しくお薬を服用していただけるようにしています。

注射調剤業務

 医師より発行された注射処方箋の内容について、薬の量・注射方法や速さ・配合変化などの確認を行い、患者さん毎に注射薬を用意して払い出しています。監査は薬剤師2名による二重監査を行い、患者さんへより安全な薬物治療が行なわれるよう努めています。

 また、入院で抗がん剤治療をされる患者さんへ投与する抗がん剤や、食事より栄養を摂取することが出来ない患者さんに投与する高カロリー輸液の調整も行っています。

薬剤管理指導業務

 入院患者さんの病室へ伺い、ベッドサイドにて薬の名前、薬効、飲み方、副作用、相互作用、注意事項などを薬の説明書を使いお話をし、お薬に対する認識や服用することの大切さを知っていただき、患者さんと共に病気の治療に取り組んでいけるように、また、検査結果、患者さんからのお話や状態などより、薬による副作用を未然に防ぐことが出来るように努めています。

医薬品情報管理業務

 院内の医師、看護師等からの薬に関する問い合わせに対応したり、新規採用薬品、削除薬品、添付文書改訂、副作用情報を、医師や看護師などの医療スタッフに提供しています。

医薬品管理

 当院では、使用した医薬品の補充や医薬品の定数管理、有効期限の確認、発注業務等を行うSPDシステムを導入しています。この業務はSPD要員が行っています。このシステムを導入したことで、薬剤師、他部署などがそれぞれの業務に専念することが出来ています。