HOME > 部門紹介 > 栄養科

栄養科

栄養科では、医療の一環として食事と栄養面から患者さんに支援しています。「病院給食にも豊かな食生活を」を栄養科の理念として毎日の業務に取り組んでいます。

美味しく安全な食事の提供

入院中のお食事は、幼児から成人、高齢者といった年齢の違い、疾病、手術後など病状に合わせた食事で衛生面に十分注意して安全な食事の提供を行っています。

 

〈個別対応〉

料理は手作りを基本とし、アレルギー等で禁忌食品のある場合は個別に食事内容を調整し、食べるひとの身になって心のこもった食事の提供を心がけています。

 

〈摂食嚥下障害のある方の食事〉

摂食嚥下障害のある方には、料理方法を工夫して食べやすい形態にして提供しています。

 

〈適温での食事提供〉

保温食器を使用して、温蔵庫や冷蔵庫を活用し、衛生的な温度管理を行い、温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態でお届けしています。

 

〈行事食・誕生食〉

年中行事や毎月その月の誕生者をお祝いする誕生食で、旬の食材を取りいれ、季節感を味わって頂けるように工夫し、行事食や誕生食を提供しています。

 

〈選択メニュー〉

常食の患者さんに対して、昼、夕食を主菜2種類から選んで頂く選択メニューを実施しています。

低栄養の方への配慮

入院患者さんの栄養状態を評価し、栄養・食事の面から回復力を高めるために、入院時に栄養障害の有無を判定して、栄養管理計画書を作成しています。管理栄養士は、医師・看護師・薬剤師・その他の医療従事者と協同して栄養管理を行っており、直接病室に伺うこともあります。

治療食を通じて患者さんの食生活を改善

食事療法が必要な方には、入院、外来を通して管理栄養士が、栄養面での配慮や食事のとりかたなどの説明を行っています。

集団栄養食事指導

糖尿病教室、生活習慣病教室、腎臓病教室など外来や入院の患者さんを対象に実施しています。